JC INSIGHT 神戸経営支援センター

Mission業務案内

主な支援内容

■策定から実行推進までの経営のバックボーン・システムづくり
■経営判断に役立つ業績管理ができる仕組みづくり
 経営指針づくり。経営の心柱作り
 業績先行管理システムの構築
■企業レベル(組織規模)に適した新賃金体系、人事考課制度づくり
 新人事制度の設計・導入・運用・定着
■やる気と仕事力を高める社員研修・プロジェクト支援
 社内改革プロジェクト
■キャリア・カウンセリング
 CDA 特定非営利活動法人日本キャリア開発協会認定
■他社との差別化を図るための経営情報調査
 モラールサーベイ、市場調査、CS調査、得意先調査
■トップ・管理職の意思決定支援
 社外取締役、経営会議・各種プロジェクトへの参画
■後継者育成、ミニ社長の育成
 後継体制づくりと強い幹部育成

経営診断・コンサルティング

私達の経営診断は、各分野のスペシャリストを駆使し、今後の経営の方向を明確に示す具体的な処方箋作りです。
経営診断とは、企業発展を阻害する問題点の抽出とその対策を示すために、経営コンサルタントが実地に企業内部の調査を行い処方箋を作るプロジェクト活動です。
通常の診断は3〜6ヶ月程度の期間を必要とします。 経営は総合的なバランス力が求められる活動です。 『人・物・金・情報・ノウハウといった経営資源の有効活用ができているのか?』 『技術開発力、営業販売力、生産力、経営管理力、経理財務力等のどこに弱点があるのか?、問題点の本質は何か?』を各専門コンサルタントによるプロジェクトチームによって解決して行きます。

チームを組む専門家は、MBA(経営学修士)取得者、公認会計士、弁護士といったスペシャリストです。
なお、経営診断はその内容やプロジェクトの規模によって次のとおり分類されます。

(1)総合経営診断
    経営の実態すべてにわたり調査し、解決策を提示する診断で、もっともオーソドックスなスタイルです。
(2)簡易診断
    時間、費用的な制約から上記の診断を簡略したものです。
    診断を必要としない特定の部門を除外して進めることがあります。
(3)部門診断
    人事労務部門だけ。営業部門だけといったように特定部門に絞り込んだ診断です。
(4)開発診断
    遊休土地の事業展開のあり方、新規事業の選択等、これから何をして行くのが最適なのかを調査し、
    提案する診断です。
(5)緊急診断
    経営危機、赤字出血対策といった即やるべき対策を緊急調査し、提案する診断です。

社員教育・研修

私達の教育訓練は、実戦的で後戻りをしない教育であり、やる気にさせる動機づけに重点を置いています。
『教育、研修会は必要だけれども本当に成果はあがるのかな?』という声を良く耳にします。
確かに、一朝一夕には成果が上がり難いのが教育かもしれません。だからといって、教育は不要でしょうか。企業における教育には3つの段階 (技術技能習得教育、能力開発教育、動機づけ開発教育)があり地道に継続していくことが必要です。

私達は、単なる技術技能の習得で終わらず、やる気を沸かす動機づけを念頭に置いたプログラムにより教育を進めます。
私達が得意とする研修会は次のようなジャンルです。

(1)幹部や管理職社員の意識改革、行動改革のためのマネジメント研修会
(2)役職別、階層別、職種別のシリーズ研修会
(3)新入社員、若手社員のビジネスマナー、基本動作体得研修会
(4)自己啓発、ライフプラン作りの支援研修会
(5)やる気になる目標・ライフプランの作り方
(6)カウンセリング手法の習得研修会
(7)海外視察や他企業の実地見学会、優秀企業視察

講演・講師

私達は、難しい話題を分かりやすく話します。そして、やる気が沸くように語りかけます。
私達の講演会では、実例や経験をもとに分かりやすく話を進めます。
私達の話は学術論文の発表でもなければ、理論の紹介でもありません。
あくまでも、私達のコンサルティング活動の実践の中から導き出された 実証済みの原理原則です。
最近の講演テーマは次のとおりです。

(1) 「伸びる社員はどこが違うか?」
(2)「できる営業マンはここが違う!」
(3)「これからの人事制度の設計の仕方、その具体的方法」
(4)「新しい上司・管理職の役割と部下指導方法について」
(5)「やる気になる目標・ライフプランの作り方」
(6)「簿記の苦手な人のための経営分析、カン・コツ・ツボ」
(7)「カウンセリングが分かれば部下は育つ」

JC INSIGHT 神戸経営支援センター

事務所案内

〒651-2102
神戸市西区学園東町2-4-E-303
TEL:078-795-2463
FAX:078-795-2493